農園の紹介

丹沢ジャスミン農園とは?

美しい丹沢山系を見渡せる神奈川県の内陸、秦野市の農地で、「ジャスミンファクトリー」代表の莉玲(りれい)は、皆さんに気持ちよく過ごしていただける福祉環境の整った「丹沢ジャスミン農園」を開園準備中です。

2021年3月から二宮の「ぽんぽこファーム」で、園主の中村隆一氏による無肥料無農薬で微生物の力を使って栄養豊富な土壌を作り、生物の循環や相互関係を大事にする「微生物ネットワーク農法」を学び、2024年2月1日付で「認定新規就農者」として、秦野市長より認定を受け、同月19日に「農業経営開始届出書」が受され、農地を使用したり収穫物を販売するための法的な準備が整いました。

農園での取り組み

農業×アート・音楽」の活動として、当団体で農園を運営し、農業体験や自然の中で過ごす「農リトリート」に取り組もうとしています。農リトリートとは、日常と離れた、農業のある環境で農作業や自然に触れることを通じて、人や自然を捉え返し、自分の内面や体を整える営みのことです。

農作業は座ってのんびりできる手作業から体力を使う力仕事までさまざまな作業があります。ご自分の体力にあわせて作業を選んで、マイペースにやっていただく事で、リハビリテーションの役割もはたせますので、体力作りの場としてもご利用いただけます。

丹沢ジャスミン農園においては、「インクルーシブな第3の居場所づくり」として、次のようなさまざまな取り組みを、農園や古民家を舞台として試みようとしています。

  • 農業体験と野外での調理と食事で「食」を考える
  • 農作業でリハビリテーション
  • 烏骨鶏との触れ合いからの「命をいただく」学びを得る
  • 誰でも垣根なく参加できる青空ステージや古民家の利用
  • インクルーシブをテーマとするディスカッションの企画
  • 音楽療法ワークショップの開催
  • 子ども向け工作教室を企画
  • 青空レンタルスペースと古民家のコワーキングスペース
  • 週末利用や一時利用のできる古民家の運営
  • 焚き火を囲んでのんびり語り合う会の企画
  • ペットと一緒に来て、農園内でリード(手綱)を放して農作業を楽しむ(犬猫以外は要相談) 
    ※状況によってはリードをしていただく場合がございます。